Mission

SoHubは地域活性をテーマとして、「モノづくりプロセス」を通し人々の問題解決意識を向上させることで人材育成を目指します。

キーワード:人の成長 地域づくりを目指した教育 ものづくりはツール

目的: 人材育成
ツール:モノづくり
テーマ:地域活性

SoHubの考える「モノづくり」は,モノができあがるまでの一連の過程を示します。それは,プラモデルのようなただ設計されたものを組み立てるのではなく,現場で体験・経験を通して,そこから問題提起,様々な解決・応用方法を考案し、実際のモノづくりに至るまでの全て含みます。このような「モノづくり」を達成するためには、モノを作れる職人だけでなく、社会問題を知る人、人々の心を知る人、経済の動きを知る人、など様々な視点を持った人々の協力が必要だと考えます。

 

Sohubは地域活性=意識改革と考えています。WSでは地域の人も含んだ様々な人の参加を促しています。いろいろな視点を持つ人が交わり、刺激し合い、協力する事により、今まで難しかった問題にも多角的な視点で向き合う事ができるようになると考えています。そのような融合が人々の意識を変えていくと期待しています。

 

人材育成。地域に存在する大きな問題の解決は容易ではなく、長い時間を要します。SoHubは目に見える「モノ」を作る過程でフィードバックを繰り返し、人々の信頼関係を築きます。その過程における困難を乗り越えていくことにより、関わった人々が成長していく事を目指しています。

 

上記の理念のもと活動を進めることによってSoHubが目指すインパクトは次のものです。

  1. 問題を抱えた地域の人々のエンパワーメント(問題解決意識・能力の向上)
  2. 関わる人々の、物事を多角的に見て解決する能力の向上
  3. 影響力のある新しいデザイン(ものづくり)プロセスの模索

 

SoHubが現在基本としているものづくりのプロセスはDesign Thinkingに基づいています。これはSoHubが活動を続けるにあたって進化させていきたいものです。

 

SoHubの具体的な活動内容は以下のようなものです。

  • 異分野の人々(地域の人々を含む)が1地域の問題を考え解決案を生み出すワークショップ
  • ワークショップで生まれたアイデアを具体的にチームが実行していくためのサポート
  • デザインプロセス、地域との関わり、プロジェクトの進行の仕方・方向性などに関するアドバイスの提供
  • SoHubの理念に沿ったデザインプロセスの開発・研究
  • プロジェクトに必要な人材・場所・限定資金の提供
  • プロジェクト毎に必要と思われるワークショップの開催
  • 地域の人々限定のワークショップ
  • 地域の人々との地道な活動

 

SoHubの活動に興味のある方は是非ご連絡ください!

Advertisements
%d bloggers like this: